ピアノふぁーすと すてっぷ

音楽好きの あれこれ

朝はどんぶり

とにかく大喰らいの我が家。
 
息子たちは、父親似で幼稚園の頃からたくさん食べます。
 
もともと、未就学時から始めた空手の朝練に
私と3人で言ってた時には、
 
朝練前におにぎりなど軽食とって、
練習後にシャワー浴びて、しっかり朝食!
 
そして学校に行けば給食おかわりしてくる!
 
とにかくよく食べます。
 
ですが、体操と空手の運動量の方が勝るようで
ずっと小柄な息子たち。
 
とにかく太らせなければ、、、
 
と、朝食は、
牛丼、豚丼、親子丼、カツ丼、オムライス、他人丼、チャーハン、、、
 
などなどガッツリごはん飯です。
 
 
空手の朝練に行くのを止めてしまった(サボり)あとも
 
朝は5時6時に起きていたので、
朝食は変わらずいたのですが、
 
ここ最近は夜更かしが続いて起きてこない息子たち。
 
 
そしたら、先日
 
「朝はお肉食べられない、、、」と言われた。。
 
出せば食べてくれるのですが。。。
 
最近は、卵とウインナー中心の朝食らしい朝ごはんです。
 
なんとか、朝方に戻してあげたいのですが、、、
 
今朝はおにぎり。
もう少ししたら、起こしてみよう♫
 
 
 
 

さて、ジャズピ練習
 
①循環エンディング key=A
♩=114でもkeyAは1発で弾ける!
key=EとBは
3回目の右手を和音にしようとすると弾けない、、
 
2番
♩=90でkey=B♭スタートで練習!
左手が追いついていない。
 
もう少しテンポ落とした方が良いかな?

お正月メドレー

友人のピアノの先生が
1月にピアノの発表会を開催するということで、
昨年に引き続き、私の生徒と一緒に、参加させて頂くことになりました♪
 
自身のオンライン発表会は12月の為、
そちらではクリスマスソングを演奏予定。
 
ならば、1月は「お正月」の歌を!
と、思って、
普段からお世話になっている先生の指導を受けながら
ジャズアレンジを考案中。
 
昨年の「夕焼け小焼け」に引き続き
ジャズアレンジ第二弾です!
 
 
私に余力があれば、
もう一曲、今、世界で人気の、あの映画ソングを演りたい!
と思っているのですが、、、どうだろうなぁ、、、
 
 
グランドピアノを弾く機会は、
ほとんどないので、緊張しています♪
 

さて、ジャズピ練習
 
 
①循環エンディング key=A
ちょっとだけテンポアップして
♩=112でkeyA,E,B,まではちゃんとアドリブ!
G♭は単音ちょこっとアドリブ
D♭はラストのフレーズもとちる。。
 
 
②Wave アドリブ練習
前回のレッスンまで♩=116で練習していたが
♩=120に上げてみた!
だいぶ早い!!けど頭は追いつくようになってきた!
 
③お正月メドレー
ラストの部分から右手の和音を考えながら練習!
 
2番
♩=82〜90key=Bで練習!
途中5度上がり順でkey=G♭、D♭、A♭、E♭も少し!!
 
苦手なkeyでのテンポアップ成功!!
個人的には3小節目が苦手

ミーンズウェアバイ

【ミーンズウェアバイmeans-whereby】
Deep Lの翻訳では「道筋」
「プロセスを大事にせよ」というこの言葉に春ごろ出会いました。
 
なんと、最近受講できていない
のお言葉だそうです。
 
反対語は
【エンドゲイニングend-gaining】 
end:結果
gain:獲得する
つまりは結果だけを求めること
 
これだけ見ると、なんだか教育論みたいだな、とも思いますが、
実際には逆になっていることも多く。。。
 
例えば、勉強でもピアノでも
「30分練習する!」はエンドゲイニング
 
他にも
「指の関節を曲げて」「手の形は丸く」「背筋を伸ばして」
こんな形から入るは全てエンドゲイニング的な考え方。
 
それ自体が間違ってるとか悪いとかではなく、
 
例えば「なわとび」が初めてなのに
いきなり「二重跳び」から練習しようとするようなもの。
 
と、言えば無茶だな、って分かりやすいと思います。
 
「あや跳び」「交差跳び」「後ろ跳び」の練習が
「二重跳び」の動きに繋がるのか私には分かりかねますが、
 
少なくても、通常の「前跳び」が飛べないのであれば、
いくら目標が「二重跳び」であっても、
「前跳び」からやらないと、ってなりますよね?
 
 
勉強も難しすぎるものをとにかく書き写すような30分よりも、
自分のレベルに合った学びでないと役に立ちません。
 
だから本当に今必要な練習を5分だけ取り組みましょう!
という私の5分間練習レッスンにも繋がるのです♪
 
今は、YouTubeでも素敵な演奏がたくさん見れるから
とにかく真似して弾きたい!
という方が多いけど、
簡単アレンジにして教えることが多いのは、
 
どうしてそのアレンジにしたのか
 
というその演奏者の考えていることへの理解テクニック
まだ不十分だから。
 
そういった上で、テキスト(教本)を使うのは
満遍的にゆっくりと着実に
1つずつのプロセスを踏むのに役に立ちますし、
 
また同じ曲でも、
簡単アレンジから徐々に理解していくように、と
テキスト代わりに行うことも可能ですね♪
 
「指の関節を曲げて」「手の形は丸く」「背筋を伸ばして」
そして「脱力」
 
全て合っています。
 
ただし、「関節を曲げて弾く」のはなぜ?
「曲げる」ってどういうこと?
「背筋を伸ばす」と胸を張って背中が狭くなるよ!?
「脱力」ってふにゃふにゃな指じゃ弾けないよね!?
 
となっていると、全て間違いなのです。
 
これらは全て身体で覚えなくてはいけないことだから、
言葉通り気にするより、段階的にできていくものです。
 
う〜ん、、やっぱり難しい、、、
 
【ミーンズウェアバイmeans-whereby】
 
この言葉に春に出会ってブログに綴ろうと思ったのですが
なかなかまとまらず、、、
 
やっぱり今もまとまらず、、、
 
やっぱり言葉じゃないんだな、と思います。
 
 

さて、ジャズピ練習
個人的に弾きたい曲を
ジャズアレンジしたものを先生に観てもらうべく、
やっと取り組んだのはレッスン日の午前中。。。
とりあえずの叩き台が間に合って良かった♪
 
①循環エンディング key=A
♩=110でkeyA,E,B,G♭,D♭まで遡って復習!
CからAまで直ぐに弾けるようになってから、Dに進みたい。
 
②Wave アドリブ練習
🄱でやることをだいたい決めた!
が、いいがちょっと無茶な早弾きしようとすると直ぐにつっかかる。
 
32番
はじめて演ってみたが、覚えられそうにないのでやめる。
 
27番
♩=60で12key弾くと左ページだけで13分くらいかかる。。。
苦手なkeyだけやっていこう。
 
2番
12key練習して、苦手なkeyBだけ2回やりました!
♩=80
 
 
2番のような普通のハノンをただひたすら練習するのが好きです。
本当になんで子どもの時に出会えなかったのか、と思うが
過去のことを言っても仕方ない。
 
これは昨日までの記録ですが、今日も朝練がんばる♪
オンタイムの練習記録はStudy Plusに♪

ワンピース・プレミアムショー2022

夏に行ったUSJの話。
 
10月に、タイトルのショーは終焉を迎えましたが、
「あれは、良かったよね〜」と、
最近も息子たちと話した
本来ならUP予定の原稿が残ってるので以下掲載。
 

 

急遽、夜行バスで突入したUSJ
本当は行かない予定だった、ワンピースのショーも
やっぱり、見たい!となって、
席は2人ずつで分かれたものの
当日チケットが取れたので良かったです。
 
 
はじまる数時間前、
開催場所などを確認したキャストの方と
チョッパーが好きだと息子が話すと、
 
「う〜ん、チョッパー出てくるかな〜」
 
と、いうキャストの返答だったので、
 
え!?チョッパーすら出ないのかな?と思っていたら、
 
なんとも盛り沢山なキャラの登場に、

(コビーまで出てくるとは思わなかった!
 なんとも思わせぶりなキャストさん笑)
 
全員本物の声優さん。

 

そして、ONE PIECE ならでは、といった感じの回想シーンも多々。

(ルフィーの子役からゾロたちの子役まで登場)

 

ONE PIECE は、にわかファンすぎる私ですが、
役者さんたちのアニメに真似た動き方に、感動!!
走り方、歩き方まで似せていて
すご〜く完成度が高く、アニメの世界観のままでした!
 
チケット購入時は高いと思ったけど、むしろ安いくらいでした。
 
ハリポタ舞台も、このくらいの頑張ってほしかった、、、
美山加恋さんのマートルは最高に良かった!!)
 
4ヶ月経っても、
最後列の席でも、
子ども達の感動は薄れなかったワンピースショー!
 
毎年やっているようなので、
チャンスがあればまた観たいステージでした。
(このカーテンコールだけ撮影可でした〜)
 

さて、ジャズピ練習
実はまだ、一番大きな課題に取り組めてなくて
焦っています。。。
 
①循環エンディング key=A
♩=108でkeyA,E,Bを交互に練習。
以前弾いてたことと、ちょっとでも違う事するとミスる。。
 
 
②Wave アドリブ練習
相変わらず🄱部分が下手すぎる。
部分練習あるのみ。
左手のミスをそろそろなくさねば
 
24番
♩=100で楽譜通りkey=C
key=Fを練習して♩=50では出来た!

Windows11

※昨日のブログは編集途中のままUPされてしまっていたので、

お昼に投稿し直しました。。。

 

さて、MacBookを使い始めて15年以上。

 

その間、職場やPTAでWindowsを使うこともあるものの

 

自分がメインで使用しているMacの方が

断然感覚的に使えて便利な部分が多いです。(主観)

 

だからといって、

ますます高価になる今のMacBookをおすすめしたいわけでも

自分が買い替えたいわけでもないので

 

自分の使用方法に合ったmouseのパソコンを昨年購入して

Macと同じくらいスムーズに使えるようにと

日々格闘中。

 

Macではデスクトップのファイルが右にから並ぶので

Dockを左に並べてるのですが

 

Winだと左にファイルが並ぶから

タスクバーを右に揃えたり

 

Macトラックパッドとなるべく同じ動作になるように

Winタッチパッドの設定を変えたり

(けれど1番便利な3本指でのドラッグがWinだと出来ない?泣)

 

ユーザー辞書MacからWinにコピーしたり、と

少しずつ自分仕様に変えるも

 

iPhoneApple Watch、そして最近やっとGetした iPadと使っていると

 

Windowsとの相性の悪さを痛感します。。。

 

最近だと、iPhoneiPadMacでのコピペが可能なのも驚きながら大活躍しているので

なおさらWinを使うのが億劫になってしまう。

 

日々MaciPhoneで追加しているユーザー辞書

Winに登録し直すのも面倒だし。。。

 

が、近年のiPhoneAndroidスマホの進化や新しいMacBookを見ていると

そろそろWinに乗り換える準備をしたく、、、

 

そんな時には

Googleって本当にありがたいな、と思いながら

ChromやDrive、Forms、Sheets、

もちろんカレンダーやメール。

バイスを選ばず使えるツールは素晴らしいですよね。

 

 

Mouse購入後1年。

少しずつ慣れてきたのに

Windows11を入れたらタスクバーが下に戻ってきてる!汗

 

移動させる方法はあるみたいだけど

すご〜く面倒なようだし

Win11アップデート待ちです。

 

 

3歩進んで2歩下がる。

 
 

さて、ジャズピ練習
昨日はなかなか時間がとれなかったものの、
コード練習だけは行う。
 
 
①循環エンディング key=A
気がつけば、keyAとEで全く同じアドリブになっている。
で、違うことしようとするとミスる。
この繰り返し、、、

Googleカレンダー×「時間術大全(MAKE TIME)」

Googleカレンダー

自分仕様に日々カスタマイズしているところです。

 

昨日と火曜日に紹介した、

手帳は2冊持ちなさい

時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」

読みながら、

 

手帳とGoogleカレンダーの使い分けを考えています。

 

 

最近は、時間が決まっていないタスクが多いので

★まずは、手帳の月カレンダーの余白にどんどん書き出して、

それぞれの期限を記入し、

 

さらに優先順位で①から番号をつけていき、

①からGoogleカレンダー上で自分の時間をMAKE TIME!

 

ざっくりと予定を入れていきます。

 

★直近の当日分は

細かく15分〜120分のタスクで

自分のスケジュールをGoogleカレンダー

 

★途中で思いついた仕事やタスクは

手帳付箋にメモして

今のGoogleカレンダーになるべく集中!

 

★実際にできた内容で

Googleカレンダーを更新。

振り返りをしながら(手帳に一言日記)

次の日の予定を決める!

 

 

こんなサイクルで

パニックにならずに

盛りだくさんな課題をクリアしています。

 

Googleカレンダーは残念ながら

Apple Watchに表示できないようなので(多分)

Appleのカレンダーにも同期して使ってます。

 

こっちの方が編集しやすいです。

 

またGoogleカレンダー

カフェトークやZoomの予定とも

自動リンクしたり

海外の祝日をいれたり

家族の予定を入れたりと

複数のカレンダーを使い分けてます♪

 

もちろん、生徒の方と空き日程を共有しているのが

Googleカレンダーです!

 

便利すぎるGoogleのソフト。

 

本にあったように、

ソフトに支配されずに

自分なりのカスタマイズを続けていきたいです。



--------------------------------------------------

 

さて、ジャズピ練習
バンド練習が進まない中、
次のジャズレッスン受講日が迫ってるので
慌てています。


 
①循環エンディング key=A
♩=104ではまだ1発では弾けず。
keyをEの復習とともに固めていく。
次に何のコードを弾くのか直ぐに忘れてしまう。。。
 
 
②Wave アドリブ練習
2コーラスアドリブが形になってきたのに
録音とかメモとかし忘れたので
忘れないうちにまた弾きたい!
 
 
あきない!ハノン
16番
♩=60でkey=C〜E♭で
頭が限界。。

 

 

「時間術大全(MAKE TIME)」JAKE KNAPP, JOHN ZERATSKY 著

今週は1ヶ月以上ぶりのブログ更新をしてます!

やはりアウトプット出来ると、だいぶスッキリします!

だからこそ、音楽を学習中の皆さんにも

周りの人に習ったことを話したり

披露したり、

子どもに教えたり、

ブログで綴ることや

レッスン後にノートにまとめるだけでも全然違うよ、

とオススメしています♪

 

さて、おととい予告していた本はこちら。

P.18

著者のお一人、ジェイクさんが

Google内のチームで働いていた時に生み出した

スプリント(デザインスプリント)」という仕事術は初めて聴く言葉でした。

 

内容は至ってシンプルで

最優先目標の1つに絞る、というただそれだけなのですが

私のモチベーションを上げるためにも

必要な事だと気付きました!

 

P.35

そして、その最優先事項に取り組むべく

1日のハイライトを決めてその為の時間を作る。

 

原題の“ MAKE TIME”の通り

時間は作るもの

その時間Huckがあらゆる角度からたくさん載っている本です。

 

それだけなら他にも似たような実用書はたくさんありますが

この本では

2人の著者の意見が合わないときに

どちらの意見も載せる、という形式をとっていること。

 

そして、チームで仕事をした時などにも使えた方法など

自分自身で色んな人のパターンを考察しながら読み進められる

 

私が母親として、講師として、

性格の違う(当然ですね)2人の息子の子育てをする中で

1人1人違ったカリキュラムのレッスンを提供する中で

学びとなる部分だったり、

現在の生活パターンや生活環境を

俯瞰して、考え直すきっかけになる本でした。

 

P.40完璧を目指さない

これもとても重要な事。

 

毎日を100%無駄なく使って

有意義で完璧な日々を送るなんて

凡人には無理。

と、最初から諦めて

 

尚且つ、自分の生活に取り入れやすいものから、少しずつ取り組めば良い、

 

というスタンスで書かれている本なので

安心してのんびりとした

気分でゆっくり読み進められました。

 

通常の実用書ならば

ささーっと1日で斜め読みすることが多いのですが、

 

今回は、1つ1つを実際に行動に移して

検証しながら

著者たちの部下になったつもり

愉しめましたし、

 

GoogleGmailYouTubeを開発してきた彼らだからこそ、

P.113スマホコンテンツは「無限の泉であり、

人間の本能でその誘惑に勝てない

と、言い切った上で

自分たちが日々開発し続けたGoogleのアプリたちをiPhoneから削除しよう!!

というアプローチは、彼らだから言える内容だな、と

著者たちの自伝としても面白い内容でした。

 

スマホやコンテンツに使われるのではなく、

使いこなしたいですよね♫

 

 

そんなわけで、

ブログが長くなってしまっったけど

この本が、私のGoogleカレンダーの使い方を変えてってくれた過程は

また明日以降、更新します〜♫